05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ランサーなのかアーチャーなのか考

2010.03.10 (Wed)

私は弱くてもランサーで居たい

昨日「☆人生はサーカス☆」でギルド戦があった。

私はギルド戦を組む人が居てくださる限り参加するつもりでいる。
ギルド戦を組むということは、みんなに集まって欲しいと願う人がいるということだと
思っているから・・・

人生の参加メンバーの中で、私はいつも一番レベルが下である。
それは自分でも納得しているし

私のランサーは運ランサー。
それも納得してもらってギルド戦に参加しているつもりだった。

ステだって、運極といっていいステータスだし
課金はしているものの、ゲームオンの上顧客ではない。

そんなにお金もないし、装備だって自慢できるようなものは
何一つ持ってない。

そんな状態でランサーとしてギルド戦に臨むということ・・・
いつも考えてはいる。

自分のできる範囲でなるべく装備は揃えようと努力はしている。

ギルド戦の最中にひとこと言われた
「シフが相手にいるときはアーチャーでいれば?」

相手が人数が多いギルドであれば、武道家・シフさんが居ないギルドはない
皆私より当然レベルが上。

当てられるし、死んでしまうことが多い。
当然死ねばレベルが見えるし、700レベルを超えたシフにとって
たった500のランサーなんて美味しい餌にしかみえないことと思う


でも、思った。
アーチャーで居るつもりなら、
最初からアーチャーにスキルを振ってステもそうして
装備もアーチャーの装備をもってギルド戦に臨むだろう。

ランサーのギルド戦での仕事は
私は一種の妨害職だと考えていた。
相手ギルドのWIZさんやBISさんに粘着して
スキル発動のキャンセルやブロックを起こすことで
回復や移動の妨害をすること。
そのついでに少しでもHPを削れれば、
あとは本当のアーチャーさんや剣士さんやシフさんが仕留めてくれる。

そう思っていた。

このまま、ランサーでギルド戦にでていいのかな・・・

何故あんなことを言われたのだろう?
よく死んで迷惑だから?
確かにそれは事実だけれど・・・リトルやランサーは妨害職だから
嫌われて狙われることも多い。

今のままのステで
今のままの装備で
ギルド戦に出ていたら、また同じことをいわれるのかな。

少し悲しい気がする。

私はランサーとしてベストを尽くしたい。
ベストを尽くしていないといわれるのであれば
尽くせるようになるまでギルド戦にでるのをやめることも考えている。

ランサーなのか
アーチャーなのか

それは私が選ぶことであって
人が指示することではないのだけは
間違いないと思った。

ちょっと凹んでしまった。

私はいくら死んでも
それでも
ランサーで居たいと思う。
スポンサーサイト
12:51  |  kyokoyan  |  Trackback(1)  |  Comment(1)

コメント

ふふ

変換ミスで名前が凄くなったがそのままで・・・

ランサーのままで楽しんでいったらいいと思うよ~。

口調とかが分からないから何とも言えないが、シーフがいるときはって「限定的」に言ってくれてるのを考えると、相手も配慮してくれてるとは思うよ。
シーフで速い相手だと、他の相手よりもブロックがきついから、その点で指摘してるだけだと思う。
提案はするけど、採用するかは任せる、みたいなね。

ブレイブ持った高lvは健康800あった自分でも沈む時は沈んだから、気にするんじゃねぇw
ブロックだけが問題点なら、ONOFF切り替えつつヒットアンドアウェイしかないぜ!
BE MYSELF、自分らしさが楽しむコツだ。
超清 |  2010.03.11(木) 19:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://simacafe.blog81.fc2.com/tb.php/104-6a35b7b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) 10:08:57 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。