03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

復活しました。たぶん(笑)

2010.01.30 (Sat)

みてくださっているかたも、もういないブログのような気もしますが・・・

1月中旬くらいから少しずつ復帰してます。

こんなのにびっくり。

久々にインしてみると・・・
なんか銀行の中がちがう~
しらないNPCがいっぱい立ってる~
ギルドダンジョンってなんだ~?
やけに売ってる謎の石はなんだ~?

はい。
完璧にうらしまたろうになってました(笑)

でも、思い出しつつ秘密に行こうと・・・していたら・・・
なぜか知られている・・・・(;一_一)

あれ・・・これはいわゆる・・・
ブログつながり???
ワニベルさん・・・責任とって復帰してくださいwww

これからも少しずつ続けていこうと思います。
2006年からずっと大事にしてきた私の分身たちですので^^

ここから先の記事はやや暗い内容です。
興味があって凹まない方だけお読みくださいませ♪
2006年の3月、ずっと眠れない日々が続いていました。
まだ2歳の息子がいる私は電気をつけて本を読むこともできなかった。

というか、そのときは何故自分が眠れないのか
何故こんなに苦しいのか、気づいていなかったのかもしれません。

夜中に必死でしがみついていたPC。
ヤフーメールを削除していたときに現れたCMテロップ
「オンラインRPG 永年無料 レッドストーン」

無料ならいいか・・・一人で眠れない時間を少しでもつぶせればいい。

そんな動機で生まれて初めてゲームをし始めた私。

初めは何をしていいのかすら判らなかった。
格好がいいからアーチャーにしたのに、武器はランサーのしかもってなかった(矢が買えなかったのです)
テレポも知らなかったし、古都からリンケンまでずっと走って
ミイラクエをひたすら繰り返してました。
もちろんアリアンの鍛冶屋なんて知らなかったから、古都まで走って帰って物を売ってました(笑)

メインクエの存在を知って、はじめたのはいいけれど
いつもソロだからあの当時とても固かったキャンサーのクエでつまづいてしまった。
毎日、何時間も死にながらカニを倒すのにドロップはほぼ皆無。

毎日同じ狩場にいる二人の武道家に
初めてゲームのやり方を教えてもらった。
支援がいて初めて火力が生きることとか、ギルドがあることとか。

じゃあギルドをつくろうよって、軽い気持ちで誘われて
支援がいないと困るよね~ってカフェサンドを作って・・・

もう夢中でした。

誰も私の本当の苦しい気持ちを知らない世界。
会う人がみな優しくて、一瞬でも辛い現実を忘れて没頭してた。

結局

私は大事だった人を失っていることに気づいてなかった。
病気にかかっていることにも気づいてなかった。

苦しみながらRSと暮らしている日々のなか
やっと自分の病気に気づいた。

ずっとうつ病だった。

夫も息子もいたけど、夫のことを愛せなくなって壊れてる自分がいた。

でもRSの世界では、いつも明るくて親切で丁寧な「kyokoyan」だったり「カフェ」だったりできた。
本当は現実でもそんな風に暮らしたかった。

苦しみながら、途切れ途切れにRSをするうちに
RSのなかで大事な人に出会った。

私を一生懸命理解して、優しくしてくれようとしてくれた。

もう一度、頑張れるかもしれないって思ったそのとき
彼は病気になった。

オンラインでしか話せない毎日だったのに
病気で私は彼に会えなくなった。
RSをみるだけで悲しくて涙が出た。
彼と一緒によく行った場所に何時間も立ってたりした。

でも現実は何も変わってない。

今も夫と息子と同じ家に住んで苦しんでいる。

少しでも変わりたい。
こういう自分でありたいと願う姿で居たいとやっと思えるようになった。

少しずつ復帰している。

流行った曲だけれど
歌詞を聴いたとき、一番初めにRSで出会った人たちのことを思った

ー 粉雪舞う季節は いつもすれ違い
  人ごみにまぎれても 同じ空見てるのに
  風に吹かれて 似たように凍えるのに
  僕は君のすべてなど 知ってはいないだろう
  それでも1億人から 君を見つけたよ
  根拠は無いけど 本気で思ってるんだ
  ささいな言い合いも無くて ララライララライ
  同じ時間を生きてなどいけない
  素直になれないなら 喜びも悲しみも虚しいだけ
  粉雪 ねぇ 心まで白く染められたなら AH HAA
  2人の孤独を分け合う事が出来たのかい

  僕は君の心に 耳を押し当てて
  その声のする方へ すっと深くまで
  降りて行きたい そこでもう一度会おう
  分かりあいたいなんて もう ララライララライララライ
  上辺をなでていたのは僕の方
  君のかじかんだ手を 握りしめる事だけでつながってたのに
  粉雪 ねぇ 永遠を前にあまりにもろく AH HAA
  ざらつくアスファルトの上 しみになっていくよ

  粉雪 ねぇ 時に頼りなく心は揺れる AH HAA
  それでも僕は君の事 守り続けたい

  粉雪 ねぇ 心まで白く染められたなら AH HAA 
  2人の孤独を包んで 空に帰すから            ー

                     レミオロメン「粉雪」

同じゲームをしているのに、私たちをつなぐのはタダのラインだけ。
切ってしまえば、つながりなんてあっという間に消えてしまう。
でも、切ってしまうのではなく、手を差し伸べ続ければ
なにか残るものがすこしでもあるのかもしれない。

そのつながりを、できるだけ、手放さないようにしようとおもう。

つながりは、手を伸ばせばまた戻るものだと
信じて待っていようと思う。

たくさんの友達が
私がRSで待ってることを
思い出してくれるように心から祈っている。

    


スポンサーサイト
23:40  |  しましまファミリー  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

コメント

復活おめでとうw

うんうん、RSは熱中できるだけの何かがあったよ。
一番は、チャットを通しての人の繋がりだろうと思う。
繋がりがつたないからいい加減なことしてる人もいたけど、
つたないからこそそれを大事にしたいと思えるのかもしれない。

現実世界では、人の繋がりは良くも悪くも太くて、
生きるってのは難しいよなって、思うなぁ。
ある意味、リセットボタンのないRPGだぜ。

なんにしても元気そうで良かった~w
便りのないのがいい知らせか!!また会おう!

追伸:RSSリーダーって便利だ・・・すぐ更新気づいた(^ω^)b
張清 |  2010.01.31(日) 00:50 | URL |  【編集】

>張清様へ

RSSリーダー私も愛用してます。
便利になってきますよね、何事も。
今日、電気やさんで息子がiPODを何事も無く操っているのをみてビビリました・・・・
恐るべし6歳新人類・・・・
きょこやん |  2010.01.31(日) 16:55 | URL |  【編集】

ぬぬ、恐るべし6歳児・・・何も知らないほうが適応力は高いんかな~
恐いもの知らずだからとも言えるかな。
張清 |  2010.01.31(日) 19:36 | URL |  【編集】

お久しぶりです。しまさん。
自分のカラダはカラダを持っている当事者にしか解らんよ。

信じな。

もっと自分の心と自分のカラダと
・・・自分の歩んで得た知識っつー知恵を。

意外に現実はそう悪くないよ。
生暖かく見てる人いっぱいいるからねー

おほほほ~
私も浦島次郎だねー |  2010.02.13(土) 00:07 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.02.13(土) 00:41 |  |  【編集】

おかえりなさい

復帰されてからまだお会いしていませんが、
私も相変わらずマイペースでやっています。
フレンド☆シップは、主要メンバーが引退され、
ギルドとしての活動は無くなってしまいましたが
ギルドレベル100を目指してソロしています。
99になってから、もう半年ほど経つんですけどねw
toshi |  2010.02.21(日) 11:13 | URL |  【編集】

うらしま五郎です(・∀・)

更新されてる!
そしてぱぱさんがこんなところに・・・(笑
殆んどINしていないのに話題に上がるとは( ゚∀゚)
嬉しいような申し訳ないような気がします。

秘密を卒業してレベル640を達成してからは狩場不足でINしても遊べない日々が続きました。
INして狩場探して狩場が空いていなければ終わり。
そんな日々が続きました。
ゲームは楽しめなければ意味がありません。
もう少し早く神秘の洞窟が実装されていたら今も遊び続けていたと思います。
(神秘の洞窟の本日クエはマッタリ遊ぶのに最適なマップです。)
結局ひこーきの方も狩場が少なくて同じような状態ですけどね(ノ∀`)

はじめて遊んだMMOがレッドストーンでキャラにも愛着があるので引退の予定はありません。
たまに浮気しながらこれからも遊んでいくんじゃないかと思っています。

ゲームを通してできた繋がりがゲーム以上に楽しいこともありますから^^b
warningbell |  2010.02.27(土) 02:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://simacafe.blog81.fc2.com/tb.php/102-29b9091c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。